人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いいはなしだね~

b0219697_21441426.jpg
今日は友人と国立劇場で歌舞伎観劇。
通し狂言「塩原多助一代記」
実在の人物の話を江戸時代三遊亭円朝が人情噺として書いたものらしい。
聞き覚えのある塩原多助という名前だけど
どんな話なのか全く知らない。

幼い頃から始まって商売で成功するまでの一代記だ。
まるで道徳の教科書に出てくるような絵に描いたような出来た人なのだ。
幼心に聞いたことがあるのかもしれない。

  8才でお家再興の為に50両と引き換えに養子に出されても文句も言わず
  養い先の養母にいじめられてもめげず
  自分の代わりに友が殺されて泣く泣く愛馬と別れても怨まず
  家を追われた後も真面目に炭屋に奉公し
  ついに自分の店を開くことができても贅沢もせず
  家を潰して落ちぶれて盲目になった養母と再会しても
  心から悔いた言葉に養母を許して、暮らしの面倒まで見ると言い
  真面目さを買われ大店の娘との縁談があっても
  身分が違うしお嬢様育ちでは炭屋の女房はやっていかれないと断り
  しかしその娘はナタで振袖を切り「もう振袖は着ない」と言ってめでたく婚礼。


人を恨まず、真面目に働いたらきっと良いことがあるという教え。
やっぱりこういう話は子供に繰り返し話して聞かせてやりたい。

塩原多助に坂東三津五郎
その他、中村橋之助、片岡孝太郎、坂東巳之助、中村錦之助、河原崎権十郎、
市村萬次郎、中村東蔵などが出演。
役者さん達皆、いい芝居を見せてくれた。

終演後ロビーに国立劇場のキャラクター?くろごちゃんがお見送り。
b0219697_2149143.jpg

劇場前に都営バスが待機していて東京駅丸の内口行きだというので
ついでに新しくなった東京駅舎を見て帰ろうということになった。

お~~~~ッ!!
生まれ変わった東京駅だー。
b0219697_2145142.jpg

駅前の中央郵便局も建て替えが終わってた!!
b0219697_21454647.jpg

丸の内南口に入ると人だかり。
天井を見ると
b0219697_21461171.jpg

お~~~~ッ!! 美しいッ!!
東京駅は新しい名所になっていた。
by hisaesky | 2012-10-27 21:51 | 観劇日記

神楽坂でランチ

またいとこっていう存在は
ふつう冠婚葬祭なんかで会うことはあっても
話もしないしその場限りの関係だと思う。
たぶん名前も知らないままそれっきりに違いない。
ところが、ふとしたきっかけでまたいとこと親しくなって
でもそれはお互いに宝塚ファンという共通点があったからなのだけど。
以前は主に姉が連絡を取り合ったりしていたが
去年姉が亡くなってからはひんぱんに会うようになった。
年齢も私の2つ下ってこともあり、会えば宝塚や歌舞伎の話で盛り上がる。

今日も彼女の住んでる神楽坂で食事をしながら
大阪での星組全国ツアー楽日のことなどなど、宝塚の話は尽きないのだ。

今日のランチは彼女が夜、時々飲みに行くという「ろばたの炉」
炉端焼きの店だけあってランチは魚が中心。
私は「ヘルシー御膳」
b0219697_19492179.jpg

豚肉の炭火焼がドーンと乗ったサラダと
刺身、焼魚、煮魚、豆腐3種、ひじきの煮付、漬物、具だくさんの味噌汁、ご飯(十穀米)
(ご飯は白米、黒米、十穀米から選べる)
この量でヘルシーっていうかぁ?っていうくらいボリュームあり。
これで1000円。お得だわ。どれも美味しかったぁ。

そんだけ食べた後はお茶しに場所を変える。
数年前にオープンしたというベーカリーの「PAUL」
フランスっぽい内装がなかなか素敵。
ケーキもいろいろそろっていて、ついつい食べちゃった。
b0219697_19501421.jpg

帰りはここのパンも購入。
by hisaesky | 2012-10-21 20:05 | 食べ物
b0219697_21355194.jpg
一昨日シアターオーブへ行く前に同じヒカリエの中にある
「BIOKURA STYLE」 というお店に寄りました。
2度目です。
前回は電子レンジで簡単に炊けるという一人分のしらすご飯や
柚のドレッシング、甘栗のようにたべられる大豆などを購入しました。
お店には身体に良い食品(玄米、レトルト食品、調味料、お菓子など)
が並んでいます。

この「BIOKURA STYLE」 のスタッフの方々は
皆さん元タカラジェンヌなのです。
前回行った時は元星組の和さんがいらしたので
たまたまそこにお勤めしているのかと思ったら
なんと!!
そのお店のスタッフ全員が元タカラジェンヌだったのです。
一昨日行ったときには
以前宙組にいた苑みかげさんもいらっしゃいました。
私は宙組の初代トップのずんこさん(姿月あさと)が大好きだったので
公演は毎回観てました。
その頃、宙組の下級生の中にとても良い芝居をする生徒さんがいて
それが苑みかげさんでした。
将来が楽しみだな~って思っていたら、その数年後退団してしまって…

その彼女が私たちが商品を見ていたところに
商品の説明をしに来てくれたのです。
まさかお会いできるとは思ってなかったので
「昔よく観てました」と、思わず言ってしまいました。
お芝居が上手で注目していたことなども。
彼女は「宝塚を退団してから改めて芝居が好きだったと感じた」と。
短い時間だったけれど
今もお芝居の勉強をしているそうで
時々小さな劇団の舞台に立っていることや
このお店には現役の宝塚の生徒さんも来てくれることなど
いろいろお話して下さって、とても楽しいひとときでした。

今回は玄米ほうじ茶と今話題のごぼう茶を購入しました。
by hisaesky | 2012-10-20 21:41 | 日記

フランス版ミュージカル

b0219697_2324069.jpg
7月に渋谷にオープンしたミュージカル専門の劇場
"シアターオーブ" へ初めて行って来た。
「ロミオ&ジュリエット~ヴェローナのこどもたち」
シェークスピアの「ロミオとジュリエット」をフランスでミュージカル化したもの。
宝塚の小池先生が少しアレンジして演出して2組で上演して
城田優と山﨑育三郎のロミオのダブルキャストでも上演された。
私は小池バージョンを3回観たが
やっぱり本家本元を観たくて。

何か所かの場面は違っていたけど、さすがオリジナル。
宝塚等とは歌唱力もダンスもレベルがけた違いに高い。
"こどもたち"なんて副題がついているけど
フランス版は大人のロミオ&ジュリエットで迫力があった。
ティボルト役の方はおじさんぽかったし。
でも声は高くて若々しかった。
(本当に若かったらごめんなさい)
耳慣れないフランス語だけどナンバーは覚えてるから充分楽しめた。
2人が死んだ後、神父や敵対する親や仲間が歌う場面は何度観ても感動する。

最後は出演者全員によるナンバーのメドレー。
観客も総立ちで手拍子して、すごく盛り上がった。
チケットは高いけど、それに見合うだけの内容だった。

観劇の前に食事をしたお店の若い男性スタッフが
明日観に行くと言っていた。
きっと彼もすごく楽しめるだろう。
by hisaesky | 2012-10-18 23:29 | 観劇日記

新しいシューズで

b0219697_15464683.jpg
フラメンコを習い始めた時に買ったフラメンコシューズを
ず~~~っとはいていた。
発表会もそのレッスンシューズで出てた。
月2回のレッスンだからそれほど消耗もしてないのだけど
そろそろ新しいのが欲しくなって買っちゃった。
今度のはスエードだから軽くて。
サパティアードが踏みやすい気がする。

今年も12月上旬の試演会に「ガロティン」で出ることにした。
今日のレッスンではダメ出しのオンパレードだったけど  025.gif
新しいシューズで頑張るのだ!! 012.gif
by hisaesky | 2012-10-17 15:51 | フラメンコ

この1ヶ月のお出掛け

毎度のことながら更新をサボりまくってますが
旅行の後はパートと実家通いの合間をぬってあちこちに出掛けておりました。

まずは9/20
b0219697_2139321.jpg
新橋演舞場にて「秀山祭大歌舞伎」
武智光秀の悔しさがひしひしと伝わってくる「時今也桔梗旗揚」
中村吉右衛門さんの演技に惚れ惚れし…
中村福助さんの「京鹿子娘道成寺」を堪能。


9/26には日本青年館にて
宝塚星組2番手 紅ゆずるクン主演の「ジャン・ルイ・ファージョン」
b0219697_21401891.jpg
マリー・アントワネット御用達の調香師の話。
フランス革命が起こり
マリー・アントワネットに関わったという事で囚われたが裁判で無罪を勝ち取る。
実話だけに、なかなかに面白かった。
この日はロクシタンの広報担当の方と紅ちゃんとの
トークショーのおまけがあり、楽しませてくれました。


10/7には川崎市主催の拉致被害者家族を支援する集いへ。
b0219697_21415023.jpg
川崎市長や田中拉致問題担当相の挨拶の後
横田めぐみさんのご両親の講演があり
オカリナの宗次郎さんのミニコンサートもありました。
めぐみさんの中学の制服姿の写真を見るだけで
ご家族の悲しみが伝わって来ますが
特にお母様の話には、この35年間の苦しみが
自分のことのように感じてしまう程でした。
距離としてはそれほど遠くない国なのに
国と国の問題は35年たっても大した進展がないことが
もどかしくて くやしくて。
北朝鮮に拉致された人達全員が帰国する日が来ることを
心から願うばかりです。


次の日は赤坂ACTシアターへ。
b0219697_21465353.jpg

坂東玉三郎主演の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を観劇。
有吉佐和子作の戯曲で名作とされていたけど一度も観たことがなくて…
ようやく観ることができました。
名作と名優が出会うとこんなにも素晴らしい舞台になるのですね。
初演は杉村春子だったらしく、なるほど~って思います。
玉三郎演じる芸者お園のきっぷの良い語り口はもちろん玉三郎は上手いけど
杉村春子でもきっと素晴らしいお園さんだったでしょう。
最近は歌舞伎からちょっと遠ざかっている感のある玉三郎
来年春の新しい歌舞伎座のお披露目には出てくれるでしょうか。
by hisaesky | 2012-10-16 21:50 | 観劇日記