<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

めちゃ面白かった!!!

b0219697_21265624.jpg
今日は授業がないという次男SYUとみなとみらいで映画を観る。
大好きなシリーズの「メン・イン・ブラック」の第3弾。
「メン・イン・ブラック3」
まさか3が出来るなんて思わなかったからすっごく楽しみだった。
期待通り。
トミー・リー・ジョーンズが結構な年齢になってしまったので、
Kが40年前の29才(ジョシュ・ブローリン)になって活躍するっていう設定。
アクションはそちらとタイムスリップして過去に行くJ(ウィル・スミス)におまかせ。
トミー・リー・ジョーンズは最初と最後しか登場しないのは残念だけど。
笑いあり、超スピード感のあるアクションあり。
今回の悪役宇宙人はかなりのキャラクターだし。
そして、最後のオチにはちょっと感動。
色々な伏線もたくさんあって、ホント良く出来てる。
1969年、月へ行くアポロ11号が出てきて懐かしい。
当時のことを鮮明に覚えてるってことは私がそれだけ年を取っているってこと。
宇宙のいろんな星からいろんな宇宙人が地球にいるっていう設定は
すごく面白くて大好き。
超有名人が実は宇宙人って設定になってるのも面白いし。
宇宙には生命体がいる星がきっと数多くあるのだと思う。
映画に出てくる5次元で生きているその宇宙人もきっと本当にいると思うし。
ただ、宇宙人が地球を征服しようとしてるって設定が相変わらず。
地球はまだまだ宇宙の中ではレベルがうんと低いらしい。
地球人が一番優れているって思ってるから、宇宙人が欲しがってるっていうことになるのかなぁ。
[PR]
by hisaesky | 2012-05-30 21:32 | 映画

有効利用

b0219697_17241287.jpg

現在21才の長男が小学生の時に使っていたランドセル。
ずっとカバーをしていた上に変に几帳面だったので異常に綺麗な状態。
このまま捨ててしまうのはあまりにももったいないと思っていた。
数年前中古のランドセルをアフガニスタンに送る活動をしている団体があると知り
いつか我が家のランドセルを役にたてたいと思っていた。
ネットで調べてみたらちょうど今月中旬まで受付けているとのこと。
ランドセルの中に未使用の鉛筆やノートも入れて、締め切りギリギリで手続きをして送った。
アフガニスタンでは黒は女の子に赤いランドセルは男の子に人気があるんだそうだ。
どんな子がこのランドセルを背負ってくれるんだろう。
[PR]
by hisaesky | 2012-05-16 17:24 | 日記

新しい風景

先月東京国立博物館に行った時には
博物館前の噴水広場はまだ工事中だったけど
昨日行ったらもうすっかり出来上がっていて。
かつての大きな噴水は小さく姿を変えて
その分広場がめちゃくちゃ広くなって
何と何と!
スタバが出来ていたぁ~~
b0219697_0261967.jpg

科学博物館前の木立の中にたくさんあった
ブルーシートのテントにいた人たちは
いったいどこに行ってしまったんだろう。
[PR]
by hisaesky | 2012-05-16 00:28 | 日記

インカ帝国展へ

b0219697_23555464.jpg
雨の中、国立科学博物館で開催中の「インカ帝国展」へ。
インカ帝国は文字を持たなかったという。
ゆえに詳しいことは謎のままだったらしい。
それに、スペインに支配され黄金は奪い取られインカは植民地になった。
最新の研究でいろいろ解明されたインカ。
そしてマチュピチュが発見されて100年とのこと。
ほとんど知らなかった私には、インカはなかなかに興味深いものだった。
このインカ展での目玉は3Dスカイビューシアター。
太陽を崇拝したというインカの空中都市を
まさに自分が鳥になってマチュピチュを空から眺めているかのよう。
特に目を奪われたのは、満天の星のもとのマチュピチュ。
その美しさと言ったら…。
そんなマチュピチュを実際に見てみたいものだ。
高地の段々畑にとうもろこしや芋を作っていたインカの人々の暮らしに思いを馳せて…

博物館内のレストランでランチの後
地球館に「シアター360」というのを発見。
社会見学の小学生の後について入ってみることにした。
これがまた面白かった。
今月のプログラムは
「マントルと地球の変動ー驚異の地球内部」と
「宇宙137億年の旅ーすべては星から生まれた」のふたつ。
球体の中に入ると、その内側がスクリーンとなって
地球の中の映像が迫ってくる。
宇宙の映像も面白くて。
地球がなんてちっぽけな物か。
b0219697_2357851.jpg

前回科学博物館に来たのは10数年前。
2人の息子を連れて来たのに恐竜にも動物にも興味を示さなかったっけ。
ここは子供が多いけど大人も充分楽しめる。
どんどん新しくなっていて常設展だけでも見応えがある。
また是非来たいもんだ。

ミュージアムショップで買ったお土産は日食メガネ。
21日に果たして金環日食は観られるかな~
b0219697_0143657.jpg

[PR]
by hisaesky | 2012-05-15 23:57 | 日記

祭り!!!

実家の氏神様の下谷神社の大祭が昨日と今日行われた。
昨年は震災があって自粛ってことで、お神輿は出なかったので
2年ぶりの神輿。
それも今年は本祭りだから下谷神社の神輿が氏子中に廻される。
お祭りの時は毎回日曜日にしか行かなかったけど
今年は前の日の夜から。
提灯に灯をともした各町内神輿が練り歩く。
なかなか風情があって良い。
b0219697_2351171.jpg

b0219697_2354652.jpg
夜の部は終了。またあした~
b0219697_2373631.jpg

2日目の今日は昨日みたいな風もなくとっても良い天気。
b0219697_2373434.jpg
毎回、弟が入っている神輿の会の仲間達が実家に集まる。
昨年亡くなった姉の長男ファミリーと次男もメンバーだ。

鳥越神社の千貫御輿は有名だけど、下谷の御輿の大きさもなかなか。
いつもは静かな下町の横町が半纏を来た人たちであふれかえる。
b0219697_2394225.jpg
担ぎ手も2年ぶりのエネルギーを一気に発散していた。
b0219697_2310199.jpg

隣の町内会のお御輿。
公園の中にある小さな八幡様も今日は晴れやか。
b0219697_23114084.jpg
こうしてお祭りがあって
人がたくさん集まって
お神輿が出て。
有り難いこと。
[PR]
by hisaesky | 2012-05-13 23:36 | 日記

ラブストーリーの王道

b0219697_2317361.jpg
のんびり過ごしていたGW最終日は赤坂ACTシアターで
「ロミオ&ジュリエット」を観劇。
ロミオは佐藤健。
ジュリエットは石原さとみ。
他にはキムラ緑子、賀来兼人、尾上寛之、長谷川初範、石野眞子、橋本さとし など。

50代にもなると最近の若者のラブストーリーにはまったく興味ない。
大人向けの恋愛ものの映画は少しは観るけど…
本当は「ロミオとジュリエット」もだいたいのストーリーを知ってるから
あえて芝居を観たいとは思っていなかった。
でも去年ミュージカル版の「ロミオとジュリエット」を宝塚とACTシアターで2回観て
何だか感動しちゃって。
そしたら佐藤健クンが初舞台でロミオを演じるというので
これは行かなくちゃ!って。

今回はストレートプレイだから
シェイクスピアの美しいせりふはそのままに。
演出はイギリスの若手演出家のジョナサン・マンビィという人。
初舞台に挑む佐藤健クンはロンドンでワークショップに参加して来たそう。
さて、その成果は?
飾られた言葉の数々は現代の日本にはなじまないが
健クン、しゃべりなれてないだろうセリフもこなしてる感じで大健闘。
あの目もいいよね。
インタビューでは「セリフに感情をのせるのが大変」と言っていたけど。
「どうやってここへ?」とたずねられて
「愛に導かれて」なんて。
美しい愛の表現の言葉があふれてる。
こんなセリフは演劇ならではだ。
佐藤健クン、もっともっと良い俳優になればいいな~

400年以上たっても私達を感動させるなんて。
名作はやっぱり素晴らしい。
いつか戯曲を読んでみよう。
[PR]
by hisaesky | 2012-05-06 23:29 | 観劇日記