人気ブログランキング |

襲名

b0219697_21293757.jpg
昨年9月、俳優香川照之が息子と共に歌舞伎界に入ると発表した時はびっくりした。
映像の世界で充分活躍していて高い評価も得ているのに何故今になってと思った。
父猿之助との関係は知っていたけど。
映画やドラマの演技とは全然違うのだから並大抵の苦労ではないと思う。
多くの歌舞伎俳優は声の出し方から所作までを幼いころからその環境の中で親や先輩から指導を受けて身につけていくのに
その年齢で一から歌舞伎をやろうなんて無謀ではないかと。
(周囲からもそう言われたらしい)
しかしあの記者会見で並々ならぬ決意が見てとれた。
あえて困難な道を歩もうとしたのは歌舞伎の血筋を受け継ぐ息子が生まれたからだと。
息子のために共に歌舞伎の世界に入りその道を作ってやりたいという一心でその決意をしたのだそうだ。
何なのだろう。その強さは。

そしていよいよ香川照之改め市川中車お披露目の公演が昨日初日を迎えた。
また、市川亀治郎が四代目猿之助を襲名し、三代目猿之助が猿翁を襲名した。
亀治郎さんも独自の歌舞伎を道を突き進んでいってる俳優なので
四代目猿之助になり益々私たちを楽しませてくれるだろう。
b0219697_21172978.jpg
その襲名公演のチケットが取れて、今日友人と新橋演舞場に観に行って来た。
昨日から今朝にかけてあちこちのTV番組で口上の場面を報道していて
四代目市川猿之助さんの決意も新たな清々しい口上と
市川中車さんの感情の高ぶりが伝わってくるような口上と
なかなか張りのある良い声でほほえましい市川團子さんの口上。
それがじかに観られた。
口上では坂田藤十郎、中村彌十郎、片岡秀太郎、市川門之助ほか猿之助一門も一人ずつ口上を述べた。
とにかく記念すべき今回の公演を観ることが出来て本当に良かった。
b0219697_21182773.jpg
        福山雅治から贈られた幕。 「龍馬伝」つながりね。

芝居の方はまず中車さんをメインに「小栗栖の長兵衛」
初めての歌舞伎なのでこんな世話物が良い。
まむしとあだ名のついた村の暴れん坊が親に勘当された直後に明智光秀を竹槍で討ったと分かり、一躍英雄になってしまうという話。
声も良く出ていたし、丁度よい演目を選んだな~と感心。
そのあと「口上」を挟み「義経千本桜」より「川連法眼館の場」いわゆる狐忠信。
三代目猿之助がケレンとよばれる宙乗りを復活させた演目だ。
親狐が鼓の皮にされ、それを追って忠信に化けた子狐。
親を慕う子狐の哀れさを見事に演じている四代目猿之助。
細かい表現に感動してしまった。
宙乗りになっても動く!動く!
新たな猿之助一門に期待している。
b0219697_21191893.jpg
   翔んでる四代目!!
by hisaesky | 2012-06-06 21:36 | 観劇日記