祝! 35周年

オカリナの宗次郎さんが35周年だそうで。
喜多郎さんをゲストに招いての記念コンサート。
スゴイ!
神奈川県民ホールは中高年を中心とした人々でいっぱい。
スゴイ!
宗次郎さんのオカリナの素晴らしさはもちろんだが
初めて聴く喜多郎さんの演奏も感動ものだった。
世界中で演奏しているとのことだが納得。
私でも知っている「シルクロードのテーマ」も初めてちゃんと聴けて。
名曲なんだなぁ~
 043.gif   043.gif
初めて宗次郎さんのオカリナを聴いたのはもうずいぶん前。
私が20代の頃。(宗次郎さんと私は同い年)
足利の小さな喫茶店で行われたライブだった。
初めて聴く宗次郎さんのオカリナは素朴で美しい音色だった。
そこでは飛駒という栃木の山奥でオカリナを作っている火山力さんご夫妻もいらして
直接お話しをすることが出来たり。
若い人たちにオカリナの作り方を教えているとのことだった。
(その火山先生も数年前お亡くなりになったとのこと)

宗次郎さんは自分でオカリナを作る。
製作者であり演奏者なのだ。
土をこねて型に入れて穴を開けて焼く。
焼くと少し音程が変わってしまうので焼く前に音をずらしておくらしい。
それでもちゃんと出来るのはほんの少しだという。
30年位前、まだ宗次郎さんが茂木の廃校を借りて奥様と住んでいた頃
生活の様子が日本テレビで放送された。(録画してある)
まだまだオカリナが世に知れ渡っていない頃だ。

そして1985年。
1年間だけ宇都宮に住んでいた時、大谷石の採石場跡でコンサートがあって。
宇都宮で親しくなった友人と聴きに行ったっけ。
採掘したあと洞窟のようになっている所でのオカリナの音は私の耳に不思議な響きで入って感動的だった。
まだその頃は外国の曲などを主に演奏していた気がする。
その宗次郎さんがNHK「大黄河」のテーマ曲を作曲し演奏してからは、
コンサートはもちろん、CDも次々と発売され大活躍。
オカリナの普及にも力を入れているようで
今では習ったり演奏する人もずいぶん増えている。

しかし…宗次郎さんが作ったオカリナの響きは他のオカリナとは全然違う音。
何が違うのだろう。土かな~ 焼き方なのかな~
昔、石に囲まれた所で聴いたように
森のような自然の中で聴いてみたいなぁ。
曲もとても癒される~

とにかく35周年おめでとうございます。
 038.gif   038.gif
[PR]
by hisaesky | 2011-11-05 23:43 | 好きな音楽

とうとう60代


by hisaesky