仇も恨みも…

b0219697_16491498.jpg

原田芳雄の遺作の映画となった
「大鹿村騒動記」(監督/阪本順治)
を観て来た。

原田芳雄
大楠道代
石橋蓮司
岸部一徳
三国連太郎
佐藤浩市
小野武彦
小倉一郎
でんでん
加藤虎之介
松たか子
瑛太
冨浦智嗣  
という豪華キャスト。

幼馴染と妻が駆け落ちして18年ぶりに2人が村に帰って来るところから始まり
実際に300年も続く信州の大鹿村の歌舞伎を織り交ぜて話が展開する。
あらすじは面倒なので書かないが
オジサン俳優たちがすごくイイ。
妻の貴子(大楠道代)に逃げられた善ちゃん(原田芳雄)と、
幼馴染の妻と逃げた治ちゃん(岸部一徳)の掛け合いも
深刻なのに笑えてしまう。
「仇も恨みもこれまでこれまで…」という歌舞伎の大詰めのセリフが
善ちゃんの気持ちと被る。
セリフも場面も無駄がなく、あっという間の90分。

エンディングに清志郎の歌声が…
  060.gif 風の中に聞こえる 君の声が聞こえる

忌野清志郎の 「太陽の当たる場所」 が流れる。
  060.gif この運命に甘いキスを送ろう

涙出ちゃった。

原田芳雄さんも清志郎と同じところに行ってしまったんだね。
素敵な作品をありがとう。
[PR]
by hisaesky | 2011-07-26 17:07 | 映画

とうとう60代


by hisaesky